子供のピアノを習わせたい、趣味で習いたい、仕事や子育てが落ち着いてきたから習ってみたい…、ピアノに興味を持つ人はそれぞれです。

きっちりやりたい人がいれば気軽にやりたい人もいますが、どちらにしてもまずはピアノ教室について調べておきたいところ。

ここでは川崎市の中原区、麻生区、川崎区で初心者クラスがある大手ピアノ教室とその料金についてまとめました。

また、個人教室と大手教室の特徴についてもまとめているので参考にしてください。

 

川崎市中原区麻生区川崎区のピアノ教室は?

川崎市の中原区、麻生区、川崎区にあるピアノ教室とおすすめの初心者クラスの料金をまとめていきます。

料金については変動する場合がありますので必ず問い合わせてください。

 

ヤマノミュージックサロン


>山野楽器<

武蔵小杉

〒211-0004

神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135-1

グランツリー武蔵小杉 3F

 

料金例

はじめてのピアノ
開講曜日 月~日
レッスン回数 月3回
レッスン時間 個人

30分

月額

(税抜)

初級:¥12000

中級:¥13000

上級:¥14000

 

ピアノ(子供向けコース)
開講曜日 月~日
レッスン回数 月3~4回
レッスン時間 個人

30分

月額

(税抜)

初級:¥9000

中級:¥10000

上級:¥11000

対象年齢 中学生まで

※詳細料金等は要問合せ

 

新百合ヶ丘

〒215-0021

神奈川県川崎市麻生区上麻生1-4-1

小田急新百合ヶ丘エルミロード 3F

 

料金例

クラシックピアノ
開講曜日 月~日
レッスン回数 月3~4回

(年間40回)

レッスン時間 個人

30分

月額

(税抜)

初級:¥9500

中級:¥10500

上級:¥11500

 

ピアノ(子供向けコース)
開講曜日 月~日
レッスン回数 月3~4回

(年間40回)

レッスン時間 個人

30分

月額

(税抜)

入門:¥9000

初級:¥9500

中級:¥10500

上級:¥11500

※詳細料金等は要問合せ

 

EYS音楽教室

>EYS音楽教室<

川崎スタジオ

〒210-0007

神奈川県川崎市川崎区 駅前本町15-5

館ビル5F

 

料金例

楽器コース
詳細 料金(1回) 月合計
グループ

月2回

(60分)

レッスン費

2250円~

スタジオ費

1700円

7900円~
個人

月2回

(60分)

レッスン費

2710円~

スタジオ費

2700円

 10820円~

※詳細料金等は要問合せ

 

シアーミュージック


>シアーミュージック<

川崎校

〒210-0005

神奈川県川崎市川崎区東田町4-5

伊野ビル5F

 

料金例

マンツーマンレッスン(45分)
レッスン回数 月謝(税別)
月4回 ¥16000
月3回 ¥13500
月2回 ¥10000

※1レッスンにつき4000円(税別)で追加可能

※詳細料金等は要問合せ

 

レッスンはどんな様子?

レッスンがどういった感じで行われているかの様子を動画で観てみましょう。

 

ヤマノミュージックサロン

 

Beeミュージックスクール

 

まずは無料体験教室に参加しよう

初心者さんは無料体験教室に参加して不安や希望などをしっかり伝えることがおすすめです。

 

ヤマノミュージックサロン

 

Beeミュージックスクール

 

EYS音楽教室

 

シアーミュージック

 

無料体験レッスンはどの教室でも必ず行われているので、まずはここから始めると無駄になることはないはずです。

 

▼無料体験レッスンはこちら▼

山野楽器

Beeミュージックスクール

EYS音楽教室

シアーミュージック

 

ここでしっかり話をしておけば自分も講師も気持ちよくレッスンに望めると思います。

 

ピアノ教室のメリットとデメリット

ピアノ教室には大手の教室と個人の教室がありそれぞれにメリットデメリットがあります。

それらについてまとめてみたので参考にしてください。

 

大手ピアノ教室

メリット

・別の講師へ簡単に変更可能

・発表会が定期的に開催される

・年間レッスン日も教本も決められている

・電子ピアノでも可能

・個人教室と比べると気楽に通える

(お試ししやすい)

 

デメリット

・発表会は良くも悪くもフランクな場合がある

・教本に沿って進むので曲選択の自由度は低め

(希望が通る場合もある)

・片手間で教えている講師もいる

(運次第・・・)

 

個人ピアノ教室

メリット

・振替可能な場合が多い

・レッスン時間が音楽教室より長め

・やりたい曲をさせてもらえる可能性がある

(ポピュラーは嫌う先生もいる)

・発表会前は補講がある場合もある

・夜間にレッスンしている所もある

・防音設備がきちんとされている所もある

・教材研究し教本を決めている先生もいる

・場合によっては音高、音大コースも可能

 

デメリット

・レベルが上がると月謝が上がることがある

・お中元、お歳暮が必要

・挨拶等のマナーは必須

・ペダルを踏むので必ず靴下着用

・昔からの教本しか使わないことがある

・電子ピアノ不可の先生もいる

・生徒が少ないと発表会がない

 

安い教室は慎重に

上では個人教室と大手教室のメリットデメリットを挙げましたが、何を求めるかでメリットデメリットは変わります。高いと感じることもあるし安いと感じることもあるはずです。

とにかく安いピアノ教室が良い場合は自力で個人の教室を探すしかありません。探せば月に4000円程度(月4回30分程度)の教室も見つかるかもしれません。

また、安くするには毎週のレッスンを月2回にするなどの方法もありますが、これはピアノの経験があって毎日の練習をどうすれば良いか分かっている人にしか不可能でしょう。初心者が個人教室の先生にこんなお願いをすると悪い印象を与えかねません。

ただし月謝が安いところは慎重に考えた方が良いです。

きちんと勉強してきちんと考えてマンツーマンのレッスンをしてくれる先生を希望するならそれなりの謝礼を払うのは当たり前です。

安いというのはそれなりの理由があります。先生が幼稚園の先生レベルだったり・・・。

 

また、値段以上に「先生との相性や雰囲気」も知っておきたいところです。

個人教室の場合は先生はひとりしかいないので、その先生と相性が合わない場合は教室を止めるしかありません。こうなると余計な出費になってしまいます。

また、自宅が教室になっていることや個人個人の付き合いになるのでそれなりの礼儀作法が要求されます。先生のことや教室の雰囲気をよく知っていれば問題ないのですが、全く知らない場合は個人教室は避けるの方が無難でしょう。

大手の教室は複数の先生が所属していて、合わなければ簡単に変更可能ですし、個人教室とは違い特別な礼儀作法も必要ないです。

なので音楽教室に慣れていない場合は選択肢が豊富な大手がおすすめになります。

 

ピアノ教室少しでも興味があるなら

どんなピアノ教室が良いかを考えていてもなかなか前に進むことはできません。

なので、まずは実際に無料体験教室で様子を見たり相談に乗ってもらうのが一番良いです。

値段が安いところが良いとも限らないですし高ければ良いとも限りません。なので複数の教室を見学してから決めた方がトラブルも防ぐことができて結局安く済みます。

 

ピアノの演奏はとても楽しいです。でもレッスンを快適にするには事前準備が必須!

安いと感じるか高いと感じるかは事前準備にかかってくると思うので、まずは無料体験教室に参加して色々と相談してみましょう。

 

▼無料体験レッスン申し込み▼

山野楽器

EYS音楽教室

シアーミュージック