ピアノに興味を持つ人も多いですし自分の子供の習わせたい人もいますよね。

そこで頭に浮かぶのはピアノ教室ですが、最初は料金やシステム、雰囲気って全く分かりませんし通えるかどうか不安になることもあると思います。

 

ここでは名古屋市の中区と中村区で初心者クラスがある大手ピアノ教室とその料金についてまとめました。

また、個人教室と大手教室の特徴についてもまとめているので参考にしてください。

 

名古屋市中区中村区のピアノ教室は?

名古屋市中区中村区にあるピアノ教室とおすすめの初心者クラスの料金をまとめていきます。

料金については変動する場合がありますので必ず問い合わせてください。

 

EYS音楽教室

>EYS音楽教室<

名古屋スタジオ

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅3-23-7

ダイヤモンドウエイ4F

 

栄スタジオ

〒460-0003

愛知県名古屋市中区錦3-24-24

錦324ビル

 

料金例

楽器コース
詳細 料金(1回) 月合計
グループ

月2回

(60分)

レッスン費

2250円~

スタジオ費

1700円

7900円~
個人

月2回

(60分)

レッスン費

2710円~

スタジオ費

2700円

 10820円~

※詳細料金等は要問合せ

 

シアーミュージック


>シアーミュージック<

名駅校

〒450-0002

愛知県名古屋市中村区名駅3-16-6

 

栄校

〒460-0003

愛知県名古屋市中区錦3-17−10

錦三ビル(キンサンビル)9F

 

料金例

マンツーマンレッスン(45分)
レッスン回数 月謝(税別)
月4回 ¥16000
月3回 ¥13500
月2回 ¥10000

※1レッスンにつき4000円(税別)で追加可能

※詳細料金等は要問合せ

 

レッスンはどんな様子?

レッスンがどういった感じで行われているかの様子を動画で観てみましょう。

 

ヤマノミュージックサロン

 

Beeミュージックスクール

 

まずは無料体験教室に参加しよう

初心者さんは無料体験教室に参加して不安や希望などをしっかり伝えることがおすすめです。

 

ヤマノミュージックサロン

 

Beeミュージックスクール

 

EYS音楽教室

 

シアーミュージック

 

無料体験レッスンはどの教室でも必ず行われているので、まずはここから始めると無駄になることはないはずです。

 

▼無料体験レッスンはこちら▼

山野楽器

Beeミュージックスクール

EYS音楽教室

シアーミュージック

 

ここでしっかり話をしておけば自分も講師も気持ちよくレッスンに望めると思います。

 

ピアノ教室のメリットとデメリット

ピアノ教室には大手の教室と個人の教室がありそれぞれにメリットデメリットがあります。

それらについてまとめてみたので参考にしてください。

 

大手ピアノ教室

メリット

・別の講師へ簡単に変更可能

・発表会が定期的に開催される

・年間レッスン日も教本も決められている

・電子ピアノでも可能

・個人教室と比べると気楽に通える

(お試ししやすい)

 

デメリット

・発表会は良くも悪くもフランクな場合がある

・教本に沿って進むので曲選択の自由度は低め

(希望が通る場合もある)

・片手間で教えている講師もいる

(運次第・・・)

 

個人ピアノ教室

メリット

・振替可能な場合が多い

・レッスン時間が音楽教室より長め

・やりたい曲をさせてもらえる可能性がある

(ポピュラーは嫌う先生もいる)

・発表会前は補講がある場合もある

・夜間にレッスンしている所もある

・防音設備がきちんとされている所もある

・教材研究し教本を決めている先生もいる

・場合によっては音高、音大コースも可能

 

デメリット

・レベルが上がると月謝が上がることがある

・お中元、お歳暮が必要

・挨拶等のマナーは必須

・ペダルを踏むので必ず靴下着用

・昔からの教本しか使わないことがある

・電子ピアノ不可の先生もいる

・生徒が少ないと発表会がない

 

どっちがおすすめで安い?

個人教室と大手教室のメリットデメリットを挙げましたが、実際のところ何がメリットになって何がデメリットになるのかは人によって変わります。

もちろん値段も気になるはず。大手はどの教室も同じくらいですが個人教室は本当にバラバラです。大手の料金は上にまとめた通りで詳細はリンク先で確認できます。

個人教室の料金は本当にピンキリで、月8000円のところもあれば2万~3万円するところもあります。

月4回30分レッスン3000~4000円程度と安い教室もあるはずですが、この場合は音大、芸大、ピアノ科専攻じゃない先生だったり、グランドではなくアップライトしか置いてなかったりと何かと理由があります。

 

個人教室の場合、値段の安い高いは求める内容によって顕著に変わります。きちんと生ピアノで練習できる環境で先生にもある程度の力量を求めるならそれなりの月謝は必要となりますし、生徒のレベルが上がるごとにレッスン費も上がることや、発表会では別途費用が必要になることも知っておきましょう。

 

ただし値段以上に注意したいのは「先生との相性」です。

個人教室の場合は先生はひとりしかいないので、その先生と相性が合わない場合は教室を止めるしかありません。こうなると余計な出費になってしまいます。

個人教室の先生をよく知っていれば問題ないのですが、全く知らない場合は避けるのが無難でしょう。

大手の場合は複数の先生がいて、子供から大人用、初心者からベテラン用まで色々なカリキュラムが用意されているので多くのパターンに対応できます。

なので音楽教室に慣れていない場合は選択肢が豊富な大手がおすすめになります。

 

ピアノ教室少しでも興味があるなら

まずは気軽にピアノ教室に通ってみたい考えている場合は大手教室の無料体験教室で色々様子を見るのが一番良いです。

値段が安いところが良いとも限らないですし高ければ良いとも限りません。なので複数の教室を見学してから決めた方が後々トラブルにもならないですし結局安く済みます。

 

ピアノの演奏はとても楽しいです。でもレッスンを快適にするには事前準備が必須!

安いと感じるか高いと感じるかは事前準備にかかってくると思うので、まずは無料体験教室に参加して色々と相談してみましょう。

 

▼無料体験レッスン申し込み▼

EYS音楽教室

シアーミュージック